予防接種について

予防接種

病気の中には、あらかじめワクチンを接種しておくことにより、その病気にかからなくなったり、罹患しても軽くて済むものがあります。
例えば、冬期に大流行するインフルエンザですが、ワクチンを事前に接種することにより、インフルエンザの罹患リスクを軽減したり、重症化を防ぐことが期待できます。
当クリニックではインフルエンザ予防ワクチンと肺炎球菌予防ワクチンを行います。

インフルエンザワクチン

感染予防のため、マスク着用・手洗い・十分な休養・バランスのとれた栄養摂取などの対策は大切です。しかし飛沫感染や接触感染など日常生活において完全に防止することはできません。日本では例年12月下旬から翌年3月上旬にかけて流行しますので、その前にワクチン接種を受けることをお勧めします。

※インフルエンザワクチンの接種は、健康保険が適用されないので、原則として全額自己負担となります。但し、65歳以上の方(特定の疾患を有する場合は60歳以上)は、予防接種法に基づき、費用の一部または全額を地方自治体が助成しています。

また、それ以外の方についても、助成を行っている自治体が数多くあります。詳しくは、お住いの市町村(保健所・地域保健センター)にお問い合わせください。

肺炎球菌ワクチン

肺炎球菌ワクチンを事前に接種しておくことにより、肺炎のリスクを軽減でき、重症化を防ぐことができます。接種は、1年を通して、いつでも可能です。但し、5年以内に再接種を行った場合、注射部位に痛みなどが強く生じることもあります。

再接種をご希望される方は5年以上の間隔をあけるようにして下さい。

※高齢者を対象とした肺炎球菌ワクチンは、予防接種法に基づく定期接種となります。原則として、65歳以上で5年ごとの節目年齢(65、70、75、80歳など)について費用の一部または全額が助成されるのですが、自治体によって異なります。詳しくは、お住いの市町村(保健所・保健センター)にお問い合わせください。